試験の概要

タクシーの運転手になろうと思っている人も多いのではないでしょうか?タクシーの運転手になるためには、ある程度の地理情報についてしっかりと把握している必要があります。しかし東京都や神奈川県、大阪府と言った所では、いろいろと道路が網の目のように張り巡らされていますので、なかなか目的地まで慣れていないとたどり着けなくなってしまう可能性もあります。そこでもし東京や大阪、神奈川のような大都市でタクシードライバーとして活躍をしたいのであれば、地理試験を受験して合格しなくてはいけません。
地理試験とは、東京の中では23区や武蔵野市、三鷹市で、大阪府内、神奈川県内の特定指定地域タクシードライバーとして活動するために必須となる試験のことを指します。ちなみにそれぞれの指定地域ごとに実施されています。合格をしないと、特定指定地域でタクシードライバーとして、活動することができなくなってしまいます。地理試験ではどのような問題が出題されるのでしょうか?
地理試験では、出題の対象になっている地域についてのいろいろな情報について出題されます。道路や地名、有名な建造物、公園、名所、旧跡と言った情報について考査する試験となります。また鉄道の路線や駅名などについて問う問題も出題されます。筆記試験方式で、40問出題されます。この中で8割に相当する32問に正解することができれば、晴れて合格と言うことになります。地理試験を受験しようと思っているのであれば、講じる必要があります。ある程度長く住んでいて、土地勘があってもなかなか合格できるものではありません。地理試験問題例集という問題集が販売されています。
地理試験を受験して資格取得をしようと思っているのであれば、地理試験問題霊集はきちんとチェックをしておくべきです。地理試験は、大きく2つのタイプに分類することができます。一つは新規講習受験と言って、タクシードライバーとして登録をしようと思っている人のための試験になります。タクシー運転手として東京や大阪、神奈川で活動を具体的にしようと思っている人が受験する試験となります。もう一つが一般受験と言います。こちらは、今すぐタクシー運転手になろうと思っていないような一般の人、タクシー会社に所属していない人でも受験をすることができます。ちなみに、誰でも受験できます。自動車の運転をしていない人でも受験することができます。