試験対策:交差点名

タクシーの運転をする時に、交差点は道順を判別する時に重要なポイントとなります。「この交差点を右折する」と言った情報が頭の中に入っていれば、スムーズに目的地に到着することができます。東京や大阪、神奈川と言った地域は、道路が網の目のように作られています。その結果、いろいろな交差点が次から次へと登場してきます。この交差点をどう行けば、どこに出られるかということをマスターするのに一苦労してしまう人もいるはずです。地理試験の中でも、交差点について問う問題が出題されています。
まず地図が描かれていて、交差点がいろいろと指定されています。その指定されている交差点がどこにあるのかということを選択する問題が出題されます。また交差点の名前について問う問題が出題されます。後者ですが、書き問題ではなく、いくつか候補がありますのでその中から選択するスタイルの問題になります。
幹線道路の場合、自動車を普段から運転している人であれば、主要な幹線道路についてはある程度把握している人も多いです。ですから、それほど真剣に試験対策をしていなくても、対処できるケースも多いかもしれません。しかし交差点となってくると、なかなか試験範囲すべての地域について把握している人も少ないのではありませんか?目的地に行くために曲がるポイントの交差点名はある程度頭の中に入っている人はいるでしょう。しかしめったに通らない、通ったとしても直進してしまうような交差点は、いくら有名でも知らないというケースも多いかもしれません。
交差点対策をする時には、まず自分があまり訪れることのないような所から暗記をしていくようにしましょう。交差点を暗記する時には、「ここを曲がれば○○通りに出る」と言った感じで、幹線道路とリンクして記憶をしていくと、覚えやすいです。交差点を暗記する時には、地図を見て位置を確認して記憶をしていくことです。できれば、ドライブなどをして交差点の位置などを確認しておくのも効果的です。
交差点の覚え方ですが、歴史の年号をごろ合わせで覚えると言う方法を実践したことがある人もいるでしょう。実はそのような語呂合わせで覚えると言う方法がインターネットなどで紹介されています。世田谷通りの三本杉立教を覚える時には、「世田谷の三本杉にロープ張り」と言った感じの覚え方が紹介されています。地理試験対策をする時には、このような語呂合わせを使ってみるのも良いでしょう。