試験対策:著名な施設

それぞれの地域にランドマークになるような施設がい打つかあると思われます。地理試験では、この著名な施設について問う問題がいろいろと出題されています。主要な施設の問題ですが、地図の中にいくつか番号が出ていて、主要な施設の名前が書かれています。この施設が地図で言うとどこにあるのか、番号で選択するという問題が出題されます。他にも施設の名前について問う問題が出題されます。自分が受験する地理試験の範囲の主要施設については、しっかりと頭の中に入れておきましょう。地図を見て、どこにどのような施設があるかということを確認していきましょう。
しかし著名な施設と言われても、どこから手をつければ良いか分からないと言う人も多いのではないでしょうか?そこで、地理試験の出題の傾向を把握することが重要なのです。地理試験の出題の傾向を見てみると、病院について問う問題が出題されやすい傾向があります。そこで、主要な総合病院や大学病院がどこにあるのかということを確認しておきましょう。
病院の覚え方ですが、まずは最寄り駅がなに線のなに駅かで覚えていきましょう。しかし中には、近くに駅がないケースも出てきます。もしくは、駅以外にもランドマークとなるような有名な施設があるケースもあります。例えば国立がんセンターが築地にあるのですが、最寄り駅よりも隣に朝日新聞社があります。こちらをヒントにして覚えてしまったほうがすんなりと頭の中に入っていきます。このように病院をチェックする時には、周辺になにがあるのか、覚えやすい施設はどれなのかということもしっかりと確認しましょう。
病院の名前と場所についてある程度覚えることができたら、地域別で確認をしていきましょう。ちなみに東京で地理試験を受ける場合には、竹橋駅と両国駅、上野駅、新橋駅の周辺にはいろいろな施設が集中している傾向があります。ですから、この4つの駅の周辺になにがあるのかということをしっかりと確認しておきましょう。地図で、場所と名前について、しっかりとチェックすることです。できれば実際にその場所に行ってみて、それぞれの施設の位置関係がどのようになっているかを確認するようにしましょう。また最近では、インターネットでもいろいろと場所が確認しやすくなっていています。Google Mapはかなり詳しく地理情報を把握することができます。このようなツールについても、積極的に利用しましょう。