試験対策:首都高速

東京や大阪、神奈川などにはいろいろな高速道路が張り巡らされています。特に東京などは、首都高速がいろいろと作られています。首都高速を利用すれば、23区内で移動できない所はないと言ったくらいに充実しています。実は地理試験では、この首都高速について問う問題が出題されます。首都高速の名前などが出てきますので、それを選択する問題が出題されます。
首都高速の問題ですが、いろいろな入り口があると思います。この入口について、順番に覚えておいた方がより確実に問題に解答することができるようになります。例えば、1号上野線の場合には、入り口は本町と上野、入谷とあります。このすべてをさらっと口をついてでるようにしておく必要があります。しかも首都高速ですが、いろいろな路線が用意されています。川口線から湾岸線まで、きちんと覚えておく必要があります。路線がいろいろとありますので、結構覚えるのに時間がかかってしまう可能性があります。ですから、それなりの時間を割いて、首都高速対策をする必要があります。
ちなみに地図帳を見てみると、一番最初の方に首都高速についての情報が書かれているものもあります。首都高速の路線名と、どのような入り口があるのかと言ったことが一つにまとまって紹介されています。この情報をチェックすると、より効率的に覚えることができるのではないでしょうか?
目で見ているだけでは、なかなか頭の中に路線や入り口の名前などが入ってきません。そこで、自分で実際に書いていきましょう。そうした方が、記憶しやすくなります。入口の名前をノートに自分で実際に書いてみましょう。そして書き終わったら、今度はなにも見ずに書いていきます。これを繰り返していけば、だんだんと入口の名前を記憶することができます。
地理試験には、基礎問題と応用問題があります。クリアするためにポイントになってくるのは、応用問題と言われています。応用問題の中でも、実は首都高速の問題は最も確実に点数の取りやすい問題と言われています。確実に点数を稼ぐためにも、ある程度の時間を割いて首都高速の名前を暗記していくことが必要になります。高速道路に乗る機会があれば、次はどの入り口なのか頭の中でイメージしながらドライブしてみるのも効果的です。このように、常に高速のことを頭の中に入れておけば、記憶も定着しやすくなります。