合格後はタクシー運転手の仕事デビュー

地理試験に合格することができれば、東京の23区や三鷹市、武蔵野市、他にも大阪府や神奈川県でタクシー運転手として仕事をすることができます。現在では、タクシー業界も規制緩和が進められていて、どこも人材を求める傾向があります。とくに東京や大阪、神奈川は、人口が多いです。またオフィス街がそろっている地域もたくさんあります。このため、例えば残業をしていて、終電がなくなってしまった時にタクシーを利用するケースもあります。タクシーは高額なので、嫌がられる傾向があると言われていますが、深夜になってからは、タクシーに対する需要は大都市では特に、まだまだ根強いものがあります。ですから、地理試験に合格したという実績があれば、かなり就職するのには有利になります。タクシーの運転手として、本格的に大都市で活動しようと思っているのであれば、地理試験を受験しましょう。
タクシー会社の中には、地理試験を受験することを積極的にバックアップしている所もあります。まずは、そのようなタクシー会社に就職すると言う方法もあります。タクシー会社に就職して、郊外を中心にして、地理試験合格の条件のない所で仕事をします。その上で、タクシー会社で、地理試験対策の指導を受けるようにしましょう。そうすれば、効率よく合格できます。地理試験は、試験対策のコツのような情報がなかなか紹介されていません。このため、自分で勉強したくてもできないというケースが多いです。タクシー会社であれば、業界の関係者ですから地理試験対策をどのようにして行えばいいかと言ったノウハウを持っています。そのノウハウを有効利用できるわけですから、試験をする側としてみれば、大きなプラスになります。
地理試験に合格することができれば、どこでもタクシーの運転手として活動することができます。就職をする前に地理試験を取得しておけば、大きな武器になります。タクシーの運転手は、頑張ってお客さんを乗せれば乗せるほど、給料がアップする仕事です。歩合制をとっていて、基本給に、どれだけのお客さんを乗せたかによって、その分賃金がアップするというシステムをとっている所もあります。サラリーマンの場合、仕事を頑張っても、それがすぐに給料などの形で反映されることはありません。タクシードライバーは、ダイレクトにお金になって評価されるので、モチベーションを持って仕事に当たることができるのではないでしょうか?