合格するためのポイント

東京や大阪、神奈川でタクシードライバーとして活動するためには、地理試験をクリアする必要があります。地理試験ですが、まだそれほど世間一般には浸透していない所があります。このため、試験対策の方法などについて紹介されている書籍やインターネットのサイトなどは少ないです。そこで、どのようにして地理試験の対策をすればいいのか分からないと言う人も少なくありません。
地理試験は、名前について問う問題と言うのは出題されません。ある施設や道路などがどこにあるのかということを地図の中で指摘をするとか、最寄り駅がどこなのか、市区町村のどこにあるのかと言ったスタイルで問題が出題されることになります。ですから、地理試験をクリアするために重要なのは地図が頭の中に入っているかどうかということなのです。
タクシードライバーの方は、タクシーの所に地図を備え付けにしている人が多いのではないでしょうか?この地図を普段から読む習慣を付けることをおススメします。何かちょっとした時間があれば、地図を開いて、地理試験の範囲になっている場所を確認することです。この習慣を身につけることによって、チリについて詳しくなって、地理試験に合格できる可能性もアップします。
また地図をただパラパラをめくっていて、眺めているだけでは、あまり情報が頭の中に入ってこない可能性があります。そこで活用してもらいたいのは、蛍光ペンを使うと言う方法です。蛍光ペンで、例えば訪れた有名な施設などについてチェックを入れるようにするのです。そうすれば、その施設が地図の中でも目立ってきます。地図を見ている時に、いやでもその施設が飛び込んできます。そこで、蛍光ペンが引かれている所で地図の手を止めたら、その施設がどこにあるのか、どのようにアクセスすればいいのかということを頭の中でシミュレーションをしておきましょう。このようなことを繰り返すことで、施設がどこにあるのか、しっかりとその位置関係を把握することができるようになります。
地図を見る習慣を付けることは、地理の実力をアップさせるために必要な工程であると思ってください。地理の実力が向上することは、地理試験合格のために欠かすことはできません。プラスして、タクシードライバーとしての実力もアップします。最近では、カーナビが付いているので、それを使って、いろいろなところに行けるかもしれません。しかし地図が頭の中に入っていれば、カーナビいらずでスムーズにお客さんを送り届けることができます。